×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

えがお 黒酢

えがおの黒酢は、なぜ2000万袋も売れているのか・・・・

えがおの黒酢

黒酢といえばやっぱりえがおの黒酢ですよね。

 

えがおの黒酢のテレビCMをみてちょっと気になっている人も多いことでしょう。
なんど累計2000万袋も売れているそうです。

 

黒酢製品はいろいろありますが特にネットで話題の商品が「えがおの黒酢」

 

えがおの黒酢がなぜ人気があるのか調べてみました。

 

黒酢購入の参考にしてください。

 

えがおの黒酢の特徴

 

 

  • えがおの黒酢はアミノ酸の量がちがう。
  • えがおの黒酢はアミノ酸の種類も段違い

 

えがおの黒酢の大きな特徴にアミノ酸の違いがあるといえますね。えがおの黒酢のアミノ酸は一般食酢の120倍。アミノ酸の種類と

 

アミノ酸で軽い運動をエネルギッシュな運動に変えてみませんか。

 

えがおの黒酢、はじめてのかた限定のお得な特典がついてます。

 

えがおの黒酢は 天然アミノ酸がた〜っぷり


えがおの黒酢の成分

えがおの黒酢は手間をおしまず安心安全な純国産を使用。

鹿児島県福山町は「黒酢の郷」といわれています。夏は涼しく冬は暖かいという穏やかな気候、良質な米や天然地下水に恵まれていること、そして「アマン壷」という独特な形と大きさを持つ薩摩焼の壷が黒酢づくりに必要だったことに由来します。これだけの条件が揃った福山町は、まさに「黒酢づくりの理想郷」なのです。

 

米・麹・水の3つの材料から黒酢は造られる

精白前の丸玄米と自家製糀、深層から湧き出る天然水、えがおの黒酢に使われる原料はたった3つです。丸玄米は殻が硬く扱いにくいのですが、他の玄米よりミネラルが豊富なために欠かせません。糀は味噌や酒などに使われる菌で、何百年も昔から日本の食文化を支えてきたもので、黒酢の製造にも風味を左右する非常に重要な役割を担っているのです。

 

1年以上の熟成企画

福山町には、1つの壷の中で1年以上もの時間をかけて熟成させるという、江戸時代から200年も続く伝統製法が生きています。福山町の気候がアマン壷の中でゆっくり発酵・熟成を促すのです。この間、職人たちが細やかな神経と技を要する点検を毎日行い、週2〜3回は中の菌が窒息しないように撹拌します。自然の力と職人の技が、天然のアミノ酸豊富な黒酢を生み出すのです。 

 

『 えがおの黒酢 』は 天然アミノ酸がた〜っぷり。
1年以上の長い時間をかけてじっくり熟成した鹿児島県福山町の黒酢。
多様多種な天然アミノ酸や栄養分がいっぱい!